赤城山の好奇心旺盛なおじさんの日常生活は如何に?写真をクリックすると大きくなります。


by deadfreak

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ゆめ工房の標準仕様
武尊山A邸
伊勢崎現場
新築工事
天空祭り2005
お仕事関係
ガレージ作り
忍野DEAD2005
ニュース
石巻セルフビルド
DEADHEADS 関連FILE
読書日記
LINK
独り言
津波被害からの復興
石巻復興

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
建築・プロダクト

画像一覧

<   2004年 10月 ( 65 )   > この月の画像一覧

Set Brake

a0033770_19181735.jpg

ファーストセット最後はAlready Goneでした。
[PR]
by deadfreak | 2004-10-30 19:18 | 独り言

遅れた!

a0033770_18471285.jpg

途中事故渋滞で開演に遅れた!
[PR]
by deadfreak | 2004-10-30 18:47 | 独り言

クライム・ゼロ

【クライム・ゼロ】 マイクル・コーディ著 内田昌之訳 徳間書店

a0033770_13115557.jpg



世界の凶悪犯罪の80%以上は、男性が犯人だそうだ。
その男性犯罪者が、生まれつき引き継いでいる遺伝子によって、必然的に犯罪者になる、と主張する女性遺伝科学者の研究を、利用して、女性FBI長官が、世界中の男性に対して、遺伝子操作による改造を計る、と言う近未来小説。

ヒト・ゲノムの解読によって、遺伝子の操作が可能になる、のかどうか私には分からないが、最近の遺伝子技術を利用した農産物の生産などを見ると可能なんだろう。

もし、人の性質が遺伝子のみで決定されるのなら、私は、私に染み付いている貧乏神がつき易い性格、性質を追放してもらいたいと思うのだが、、、。
冗談はさておいて、為政者の、それもたった一人の思惑で、遺伝子操作が行われるのは、なんとも恐ろしい事ではある。
古くは、ナチスのユダヤ人虐殺も、広い意味でこんな恐ろしい事と同根なんだろう。

みんな違ってみんな良い、と言う社会が一番健全だと思うし、犯罪はないにこした事はないけれど、男性の遺伝子にその問題が含まれているから、男性全てを抹殺しよう、なドと言う事は小説の中だけで終わりにしてもらいたいものだ(笑)。

[PR]
by deadfreak | 2004-10-28 13:12 | 読書日記

雪嵐

【雪嵐】 ダン・シモンズ著 嶋田洋一訳 早川書房

a0033770_12471254.jpg



ダン・シモンズのハード・ボイルド=ジョー・クルツ、シリーズ第2弾。
ニューヨーク州極寒のバファローを舞台に、元私立探偵、マフィア、連続殺人鬼、入り乱れてのノン・ストップ・ハード・アクションが展開される。
一気に読まされた。

作中、主人公と秘書の会話に面白い部分があった。
秘書が読んでいる本を見て、12年前も(主人公は12年間服役し、出所したばかり)その本読んでなかったか?
朝鮮戦争にしている探偵は60過ぎてるはずだけど、まだ元気にしていて1年に1冊出てるのよ。
おもしろいのか?
もうだめね、探偵の彼女が傲慢でアバズレなの、おまけに犬も飼っているのよ。
ダメだと思うなら何で読んでるん?
いつか、探偵が目を覚まして、女と犬を始末してくれるんじゃないか、ッて期待してるのよ。

大笑いしてしまった。
ボストンの名探偵、スペンサー・シリーズの事だけど、パーカーの生み出した名キャラクターに対して、正統派(?)ハード・ボイルドな主人公を生み出したダン・シモンズの揶揄が表明されていたからだ。

この本の主人公は、元妻を殺されて、その敵討ちをした結果、12年間服役して、生涯探偵免許を取れなくなってしまい、刑務所で同房だったマフィアの跡取り息子から命を狙われる境遇にある。
まさにハード・ボイルドの典型のようなタフな暮しをしているがゆえに、その秘書の感想は、当らずしも遠からず、と言う感じがしないまでもない。

連続殺人犯、汚職警察官、マフィア、自分の娘を虐待した男の始末を一気に片付けてしまうお手並みが痛快である。


[PR]
by deadfreak | 2004-10-28 12:49 | 読書日記

影に潜む

【影に潜む】 ロバート・B.パーカー著 菊地光訳 早川書房

a0033770_129541.jpg


ロバート・B.パーカーのジェッシイ署長シリーズの最新刊だ。
と言っても、スペンサー・シリーズに及ぶべくもないまだ4巻目の物語です。

ボストン近郊の小さな街の警察署長、ジェッシイはアル中を克服しようと奮闘中。離婚の痛手を癒すため、西海岸のロスから東海岸のパラダイスへやって来た。
小さな街で怒った今回の事件は、無差別銃撃事件。被害者の中には、ジェッシイと親しい弁護士も含まれていた。
早くに犯人を特定するが、確たる証拠も無くジェッシイ自らが標的となって犯人に肉迫して行く。

パーカーの描き出す主人公は、誰もが自信満々で、男臭く、見ようによっては傲慢に思えるのだが、私は好きだ。

連続銃撃事件の捜査にあたって、スペンサー・シリーズの登場人物の一人である、州警察殺人課の警部も登上。
ボストン近郊とあって、いつの日か、スペンサーとジェッシイが共同で事件解決に関わる日も近いのでは無いだろうか?

パーカーの著作は安定して楽しめる。
[PR]
by deadfreak | 2004-10-28 12:12 | 読書日記

大町出張顛末記

6月、高崎で開かれたFlowerman Drive 4の打ち上げが我が家で開かれた。その時に大町在住の自称(笑)Deadheads Japan代表のキヨシ君も、ライブの流れで我が家へやって来た。
 その時、自宅の風呂場を直したいんだ、と言うキヨシ君に対して、暇だったら引き受けるよ、と言っておいた。
 地元の大工さんに見積もりを依頼したそうだが、どうせだったら同じデッド好きの私に頼もうかな、と言う非常に曖昧な状態でその場は話しが終わった。
 
 その後、8月の天空祭りで再会した時、そろそろ見に来てよと言う話しになる。
9月のはじめ、進めていた駐車場作りの仕事が一区切りしたので、ドライブを兼ねて下見に行く。
 見せてもらった風呂は、洗い場の床も腐り、天井は、トタンの波板がむき出し。壁はあちらこちら隙き間があるという状態。
これを何とかしてよ、と言うキヨシ君に、柱も腐っているので基礎から作り替えようと提案。

 一応、図面を送ったり、仕様、見積もりを送ったりで話しが決定したのが、9月10日ごろ。
その時の二人の間では、物置きにあるゴミは片付けておく。ティピー用の道具なども場所を移動して綺麗にしておく。そう言う約束でした。

 9月15日に、構造関係の材料を満載して、赤城山を出発。 途中、浅間山の噴火などを見物しながら、その日の夕方木崎湖畔のキヨシ邸に到着。
早速、風呂、物置きに向かうと、1週間前に下見に来た時のまま、ゴミが山積みになっていた。
これは、約束違反だなあ、と思いつつも本人は東京へ出かけていて怒る事も出来ない。
片付けや基礎のコンクリート仕上げなどの時に、地元の若者を何人か集めて手伝いをさせる、と言うことも、ズルズルと無しになってしまう。

その後の仕事の進捗状況は当ブログの過去ログを参照にして下さい。

信州大町周辺には、私の30年来の知人、友人が何人か住んでいる。
そんな友人との再会も今回の仕事の合間の楽しみだった。
今、大町に来ていてキヨシ君地のリフォームをしてるんだ、と告げると電話の向うの友人達は驚きの声をあげる。
大丈夫?とかなんたらかんたら、まあ、キヨシ君にまつわる話しをしてくる訳で、挙げ句の果てに、辞めた方が良いよ、とまで言う人も入る。

私は、キヨシ君と、自宅を赤城山に建て始めた頃近所にティピーを建てに来ていた時に知り合い、その後、忍野デッドで再会した。
それほど親しかった訳でもなく、彼がどう言う人物なのかも知らなかった。
聞こえてくるうわさ話は、残念ながらあんまり芳しいものではなかった。
しかし、私の信念は、人の評価は自分でする。つまり、色々な噂に惑わされる事なく、自分でその人と関わって、その人を評価して行く、と言う事。
ましてや、大工は一生懸命与えられた仕事をこなし、代金をいただく。途中で投げたり、いい加減な仕事をしたりできるはずがない。

あしかけ一月、実質20日間ほどの間、彼から2〜3度連絡が入るだけだった。
そして、仕事を終えて、今、噂と違って、きちんとリフォーム代金を精算してくれて、何の問題も起きなかった。
むしろ、彼の留守の間に部屋を自由に使わせてくれた事などを感謝している。

キヨシ君のデッド関連のイベントのオーガナイザーとしての存在を考えると、噂が真実ではないのでは?と言う私の思いが見事に証明された、と思っている。
一度、信用を失うと、利害関係が無い人までその噂を信じてしまう。
実生活において有り勝ちな事だけど、私はデッド好き、と言うただ一つの共通点だけを信じて、仕事をさせてもらって良かったなあ、と思っている。

a0033770_13402237.jpg
a0033770_13424972.jpg

この仕事の間、ブログでの日記形式の報告を大勢の方が楽しんでくれた、と思っている。影ながら、心配し、応援し、支えてくれた有り難い友人、知人に、今回の木崎湖での仕事が、名実共に円満に終えた事を報告できる事を嬉しく思います。

キヨシ君はこれからも、デッド好きのために色々と仕掛けてくれるはずです。
微力ながら、ネット上での告知などで彼の支えが出来れば良いなあ、と思っています。
[PR]
by deadfreak | 2004-10-25 13:46 | DEADHEADS 関連FILE

あかぎ芸術フェス2

ステージ付近からグラウンドを見たところ。
野外ペインティングや出店の様子など分かると思います。
ハンド・クラフトのお店など多数出店していました。
音楽好きには物足りないイベントで、30分ほど見て廻って、帰って来ました。
国立青年の家だから、敷地や設備の充実ぶりは凄いですよ。
宿泊もできるし、ここで誰か、イベントやらないかなあ。
a0033770_9221986.jpg

[PR]
by deadfreak | 2004-10-25 09:22 | ニュース

あかぎ芸術フェス

a0033770_1213914.jpg

国立赤城青年の家で開かれている芸術フェスです。
[PR]
by deadfreak | 2004-10-24 12:13

メンテナンスなど

大町の出張から帰って、3軒ほどメンテナンスに廻って来た。
1軒は、建て具の具合などを見たけれど、何処も異常はなく、コーヒーを御馳走になって帰って来た。
1軒は、ストーブの煙突部分からの雨漏り。ほとんどの煙突が溶接したカバーを付けているのだが、
この家だけは、ビス留めで組み立ててあった。
煙突の熱でカバーの鉄板が歪み、少し隙き間が出来ている。
ここから雨水がしみ込んで、洩れたのだろう。
コーキングをたっぷりして、ついでに塗装を耐熱塗料でやってきた。
もう1軒は、外壁のコーナーに使った丸太が経年で少し縮んで、外壁のジョリパットにわずかに隙き間が出来た。
これは、予想の範囲内だったので、予定通り、コーキングを施して来た。

どの家も建て具関係や窓などには、何の問題も発生していないので、ひとまず安心。
家によっては、先日の結構大きな地震、全く気が付かなかったと言っておられた。
浅間山の爆発音は、ガラスが震えたと言っておられた。
基礎のコンクリート部分なども点検して来たが、ひび割れなどは発見出来なかった。
[PR]
by deadfreak | 2004-10-22 14:53 | お仕事関係

木崎湖から最後のメール

a0033770_14312718.jpg

午後二時、全て完了。今から家に向かいます。大町からの通信楽しんでもらえたでしょうか。
[PR]
by deadfreak | 2004-10-19 14:31 | お仕事関係